HOME > 権利関係 > 地価公示法

地価公示法

全国からその地域の地価水準を代表する標準地を選び、正常な価格を公示する事。

・土地鑑定委員会が選定する。
・土地鑑定委員会は2人以上の不動産鑑定士または不動産鑑定士補が評価する。
・毎年1月1日時点の正常な価格(標準地の単位面積)を判定。
・正常な価格は4月1日付の官報で公示。
・標準地は土地計画区域内、都市計画区域外の土地取引が見込まれる区域内の土地から選定する。

効力(公示価格)
・土地を取引する場合、公示価格を「指標」とする。
・正常な価格を求める時、公共事業の用に供する土地取得の価格を決める時は公示価格を「規準」とする。

「鑑定評価」
不動産の正常な価格を求めること。
鑑定評価の方式
1、原価法
同じ建物を再度建築するといくらかかるのか?再調達原価。

2、取引事例比較法
多数の取引事例を収集して比較する。

3、収益還元法
土地や建物がいくらで賃貸できるのか。賃料から建物を評価する方法。