HOME > 権利関係 > 住宅金融公庫

住宅金融公庫

特徴
・住宅の建設、購入の為の資金。
・一般の金融機関が貸付を行わない。
・低金利で貸し出す。

主な注意点
1、中古住宅にも貸付は行われる。
2、土地のみの購入に貸付は行われない
3、自分が居住する事はなくとも親族が居住の用に供する為の資金の貸付は行われる。
4、賃貸住宅を建設する為にも貸付は行われる。
5、「貸付の決定」は金融機関に委託する事はできず公庫のみができる。
6、貸付金の条件は建物の種類、構造、新築、中古などによって異なる。

統計
16年3月末現在
宅地建物取引業者数→13万298
・法人業者→10万3066(79.1%)
・個人業者→2万7232(20.9%)
宅地建物取引主任者数→約73万人
新設住宅着工戸数
119万戸(前年比2.5%増、2年連続で増加)
持ち家が減少、貸家、分譲住宅が増加。
地価公示
・地価は引き続き下落
・下落率は縮小
宅地供給量
平成14年度→6700㌶

統計は毎年変わるのでチェック!