HOME > 法令上の制限 > 農地法

農地法

要点のまとめ

3つの規制
3条→農地、採草放牧地を移動
4条→農地のみを宅地(農地以外の土地)に転用
5条→農地、採草放牧地を宅地などに転用目的で移動。

移動、転用、転用移動という語調で各条を覚えると楽かもです。

許可権者について
原則
3条→農業委員会
4条→都道府県知事
5条→都道府県知事

農業委員会
・自己がすむ市長村内の農地、採草放牧地

都道府県知事
・自己が住む市長村外の農地、採草放牧地
・農地を宅地などにする場合

農林水産大臣
・4ヘクタールを超える農地を宅地等に転用する場合

違反について
3条、5条において農地法の許可を得ないで権利移動を行われた場合「無効」となる。農林水産大臣または知事は工事の「停止」「現状回復」を命令する事が出来る。「勧告」ではなく「命令」という事で厳しいことに注意。
罰則は3年以下の懲役または300万円以下の罰金。