HOME > 権利関係 > 時効

時効

時効には「取得時効」と「消滅時効」がある。

取得時効(自分のものになる)
・所有の意思を持って、悪意、善意・有過失→20年で時効
その為、賃借人は所有の意思を持っておらず借りてるという意識の為取得時効できない。

・時効取得者は...
時効取得前なら登記がなくても対抗する事が出来る。(相手が登記を備えていてもという事)しかし、時効取得後だと第三者が登記を備えると対抗する事は出来ない。(早くに登記を済ませた方が勝ち)

・占有は継承する事ができ、受け継ぐ場合は前の占有者の瑕疵(善意・悪意など)も受け継ぐ事となる。

消滅時効(権利が消滅する)
・所有の意思をもって、善意・無過失→10年で時効
・債権は原則10年。
・判決により確定した権利は10年。
・消滅時効は権利を行使する事が出来るときからという事でそれが「いつから」なのかを理解しなければならない。
消滅時効の起算点
確定期限がある→期限の到来した時
不確定期限がある→期限の到来した時
期限の定めがない→債権の成立した時


その他
援用権→時効の利益を受ける事が出来る権利
時効の中断事由→請求、承認、差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分